メンヘラと実際に会いセックスするには?ホテルに誘うまでの流れ!

メンヘラと仲良くなり実際に会うことができたら、今度はホテルまで誘う流れをしっかり理解しよう。
 
 
なにも考えなく会ってしまうと、ホテルに誘うまでの間にだぐだになってしまい失敗しやすい。
 
 
また、「どんな誘い方が良いかわからない・・」と考えてるあなたでも、初めてメンヘラをホテルに誘せるよう、流れやテクニックをしっかり説明している。
 
 

覚えてゴールにたどり着こう、では、やっていくぞ。

 


 

まずは身だしなみ!どんな服装で行けばセックスしやすい?

まずは身だしなみ!どんな服装で行けばセックスしやすい?

今まではメンヘラとサイト内や、LINEでのやりとりだったため、初めて会うときの印象はかなり大切になってくる。
 
 
第一印象を良くするのは「清潔感を持つこと」この一点に限る。
 
 
たとえ、どんなにかっこよくても服が汚れていたり手が汚かったりすると、触られること自体拒否られてしまう。
 
 
なのでまず身だしなみをしっかり整えよう。
 
 
特別お金をかける必要はないが、洋服に関しては「サイズ感は大きすぎず、小さすぎず」のシンプルな服装が良い。
 
 
ユニクロやGUなどの量販店でも、安くてしっかりしているものがあるのでオススメだ。
 
 
ほかにもZOZOスーツで測って買えば、サイズもバッチリだし、安く済むだろう。
 
 
色に関しては、メンヘラは黒っぽ服装が好みなため、全体的に暗めな色をチョイスするといいだろう、黒・グレー・紺などだ。
 
 
会ったときの、第一印象が良いとスムーズにことが進みやすいため、手を抜かず身だしなみを整えよう。

 


 

次はマインド!こういう自分を演じろ!

次はマインド!こういう自分を演じろ!

普段、女と話すときや、今まで好きだった子とあなたがどのように話していたか、覚えているだろうか?
 
 
あなたがモテているのであれば、何も言うつもりはないが、もし異性に対して自信がないのであればどうだったか考えてくれ。
 
 
そしてメンヘラと会うときは、今までと違う「自信のある自分を演じる」ことが成功のポイントだということを知って欲しい。
 
 
実際にセックスするためには、「包容力ある男」を演じなければならない。
 
 
オドオドしていたり、頼りない感じで行くと、失敗してしまう可能性が高いからだ。
 
 
「セックスできる=主導権を握っている」と思ってくれていい。
 
 
なので、自信のある包容力のある男を演じてほしいのだ。
 
 
慣れなくて恥ずかしいかもしれないが、どーせ2度と会うことはないメンヘラだ、やってかかく恥もないと同然だ。
 
 
実際に、難しいことをする必要はない。下記の4つポイントを意識するだけだ。

・はきはきと喋る

・背筋を伸ばす

・相手の目を見る

・相手の話を良く聞く

 
 
これだけでも意識するだけで、相手が受ける印象をガラッ変えることができる。
 
 
管理人はこれを意識するようになってからは、ホテルに行ける成功率は格段に上がったし、その後メンヘラをセフレにする機会も多くなった。
 
 
メンヘラは自信のある男に弱いことは証明済み。
 
 
自信のある男を演じて、メンヘラを確実に落していこう。

 


 

会ったら何を喋ればいい?セックスするための鉄板6ステップ

会ったら何を喋ればいい?セックスするための鉄板6ステップ

初対面で会った時に「なにを話せばいいかわからない・・」そんなあなたに、6つのステップに分けて鉄板ネタを用意してみた。
 
 
実際に会った時に話す内容、流れのポイントをしっかり押さえていこう。
 
 
最終的にセックスできるように緻密な計算を練ってある、しっかり目を通してくれ。
 
 

趣味の話

メンヘラと趣味の話

まずは、当たり障りのない会話からしていくことをおすすめする。
 
 
メンヘラとの趣味の話は、出会い系サイト内やLINEでもしている内容だと思うので、その延長上で話をしてほしい。
 
 
基本的には疑問形で返事を返すことと、聞き役の立ち位置で聞いてあげることがポイントだ。
 
 
メンヘラに気持ち良く話せるように、適度に相槌も打ってくれ。
 
 
例えば・・・

自分「そいえばアニメ好きだって、言ってたじゃん?いつから?キッカケとかあるの?」

メンヘラ『中学のときに、アニメにはまったんだよね。友達の影響かなー』

自分「そうなんだ、中学のときにはまったんだね!たしかに友達の影響とかもあるよね。中学のときアニメ何が一番はまった?」

 
 
メンヘラが言ったことを、復唱することをオススメする。
 
 
これは「ミラー効果」「オウム返し」と呼ばれ、会話で親密になるための有名な心理学のテクニックだ。
 
 
復唱されることで、メンヘラは「自分の話をしっかり聞いてくれて、会話してくれてる」となるので、信頼関係を短時間で築くことができる。
 
 
話が盛り上がってきたら、次のステップに行こう。

 


 

2.過去の恋愛の話

メンヘラとの過去の恋愛の話

会話が盛り上がってきたら、セックスをするための前段階に入っていこう。
 
 
いつまでも、趣味の話をしていてはエッチな気分になることができず、セックスまで辿りつくところまでいけない。
 
 
なので、手始めに「過去の恋愛の話」をするのが、オススメだ。
 
 
また、過去の恋愛話で注意しなければいけないことは、「別れ話ではなく、付き合ってたときに、どんなことをしていたか」を話すことがポイントだ。
 
 
なんで別れたの?からエッチな話に発展することは少ないから、絶対にしないように。
 
 
なぜ、エッチな話をするのが良いのか、それは人はエロいことを話すと自然に頭の中で想像が膨らむからである。
 
 
エロい想像膨らませることで、今後の展開をかなり左右してくるので、これはマストにしてほしい。
 
 
まず手始めに

「元カレと遊んでた時って、どんなことして遊んでたの?」

 
 
から聞こう。
 
 
実際にメンヘラから元カレの話を聞いてきたが、大抵クソ彼氏が多いためにろくなことをしていないはずだ。
 
 
家で遊んでた、あんまり出かけてない、みたいなことを答えるパターンが多い。
 
 
この場合、家で遊んでいる=セックスしているが大抵のパターンなため、想像が働きやすい。
 
 
また、何人今までと付き合ったか?を聞くのもありだ。
 
 
人数が多ければ、それだけ後先考えず付き合うタイプなので、セックスも簡単にしやすいのがわかる。
 
 
というか、メンヘラは大体経験人数が多い。

「彼氏の選ぶ基準って、なんだかんだ相性って重要だよね。」

 
 
相性は、色々なニュアンスが含まれているので、便利な言葉だ。
 
 
メンヘラが相性=カラダの相性だと思えば、話が早い。
 
 
この段階が第一ステップだ。

 


 

3.かるーい下ネタ

かるーい下ネタ

恋愛話が発展してきたら、段々と軽い下ネタを入れていこう。
 
 
まず、手始めに

「○○って絶対Mだよね」

「○○さんって、Mでしょ」

 
 
と決めつけて、話を進めて欲しい。
 
 
ここで、よく言われる「SかMか?」みたいに2択にする必要はない、なぜならSだとこちら側の都合が悪いし、ほとんどメンヘラはMだからだ。
 
 
Mと決めつけてしまえば、メンヘラは自分をMだと認識して、これからの流れを断りにくくさせる効果もある。
 
 
下ネタや恋愛ネタを話すときは、会話の主導権を握り会話を進めよう。
 
 

「自分がMだなーって感じる時ある?」

「Mって感じやすい人多いの知ってた笑?」

 
 
など、話せるとよりディープな下ネタにもっていきやすい。
 
 
ここでポイントなのが、普段から下ネタを抵抗なく話している風にすると、自然に聞き出すことができる。
 
 
女同士の会話では、もっとえげつない下ネタを話しているため、軽い下ネタなどは朝飯前だ。

 


 

4.ディープな下ネタ

ディープな下ネタ

軽い下ネタを話したら、今度はディープな下ネタに移ろう。
 
 
ここでは、ディープな下ネタは具体的にエロい話をする必要がある。
 
 
軽い下ネタでメンヘラをM扱いをしたので、その続きでプレイ内容や、感じやすいポイントなどを聞けると良い。

「○○って今までで一番気持ちよかったシュチエーションってなに?」

「エッチしてて一番気持ちよかった人っていた?」

「ぶっちゃけどんな体位が好き?」

 
 
気持ち良かった体験を思い出させるような質問をしていけば、勝手に想像が働きエッチな気分にすることができる。
 
 
また管理人は、このエロいトークをしているときは、メンヘラの顔の変化を観察している。
 
 
エロい話になった時に、メンヘラがとろんとした顔になる瞬間がある、これを見逃さないで欲しい。
 
 
このとろんとした顔がでたら、完全にエッチな気分になっているため、ほぼ95%はやれると思っていい。
 
 
最初は、なかなか変化に気づけないが、この変化を見逃さないように注意深くみるようにしよう。

 


 

5.軽いスキンシップ(ボディタッチ)

軽いスキンシップ(ボディタッチ)

メンヘラが、エロい気分になってきたら、今度は軽いスキンシップをしていこう。
 
 
しかし上記の「ディープな下ネタ」辺りから、人に聞かれたりすると、なかなか恥ずかしい内容になってくる。
 
 
また、このスキンシップに関しても、人がいる前では行うことが難しい。
 
 
これは、他のページの「実際に会うまでのやりとり」で会う場所はどこが良いか、書いてあるので一度目を通しておいてほしい。
 
 
⇒出会い系内でメンヘラと仲良くなる手順!実際に会うまでのやりとりの流れはコレ!

 
 
やはり個室居酒屋だと、ディープな下ネタやスキンシップも簡単に行うことができるため、オススメである。
 
 
スキンシップに関しては、まず手を触ることを目標にしよう。
 
 
これは比較的簡単だ。

「手相見れるんだ、ちょっと手見して?」

「手ちっちゃくて、可愛いね」

「マッサージうまいんだ、ちょっと手貸してみて」

 
 
など、理由をつけて手を触ってみよう。
 
 
この5段階まで来ていると、手を触るのは余裕だ。
 
 
手を触ることができたら、他の場所も触る口実を作りボディタッチをしていこう。
 
 
最初に触るのはカラダの中心から離れた場所が良く、管理人は大体手⇒肩⇒頭⇒背中⇒足・・・みたいな順番を意識している。
 
 
手を触った後に、そのまま手を繋いでいてもいいだろう、拒否されることがなければ、ゴールは目の前だ。

 


 

6.できたらキス

メンヘラとできたらキス

キスができたら、確実にホテルにおけると思っていい。
 
 
しかし1~5のステップが上手く行った場合でも、キスができるのは70%前後だ。
 
 
やはりメンヘラも、キスをしたらホテルのいくの察知するのだろう、なので顔をそ向けられてしまう場合もある。
 
 
ただ、無理やりできるのもでもないので、その場の雰囲気に任せることも必要だ。
 
 
キスができなくても、ホテルに行くことは可能なので、数回チャレンジしてみて、ダメそうならムリにする必要はない。
 
 
あまりがっつくと、ここで一気に冷めてしまう場合があるので、細心の注意をはらってくれ。

 


 

メンヘラをホテルへ誘うには?誘い方はコレ

ホテルへの誘い方

最後にホテルへの誘い方だ。
 
 
実際のところ、1~6のステップができていれば、口説き文句などもなく、すんなりホテルに行ける。
 
 
これは実践済みだ。なので6ステップをしっかりこなせることを意識すればいい。
 
 
もし、誘い方があるとするなら「無言でホテルに手を繋いで入ること」くらいだ。
 
 
それでも最後の最後まで自信がない場合は、終電を逃すように設定しよう。
 
 
ギリギリまで飲んでいて、会計を遅らせれば終電を逃させ、ホテル行くしかないよね?の雰囲気を作りやすい。
 
 
メンヘラは仕方なく、ホテルに行くしかなかった状況を作ってあげて、言い訳をできる環境を作ってあげよう。
 
 
自分から率先して、ホテルに行く女はいない、ここはメンツをしっかり立ててあげるスタンスを取ろう。